行こうよ、島へ!『大三島①』

全国にある三島神社や山祇神社の総本社『大山祇神社』や愛媛県の天然記念物の「生樹の御門」など数多くの名スポットがある島。

一方で、みかん畑が広がるのどかな風景があり、サイクリストの聖地としても人気。


移住者たちが集まる魅力的な島へ

柑橘畑が広がるのどかな風景、すぐそばには青い海…。

そんな日常風景に惹かれて、大三島を“暮らしの場所”として選択する移住者が増加中。

彼らの多くがこの地で店を営み、今では大三島の魅力を伝える側となっている。

暮らしを大切にしながら、自分たちのペースで商いを行う移住者を紹介!



築100年の建物がカフェに!

|大三島みんなの家|

大山祇神社の参道に建つのは、建築家・伊東豊雄氏が主宰する「伊東建築塾」のプロジェクトで誕生した一軒。


「参道の景色を残したい」という島民の願いをかなえ、築100年超の木造建築を、みんなの憩いの場所へと生まれ変わらせた。


運営は、島に憧れてやって来た女性たちが担当。


島の食材を使ったランチなどを提供するほか、夜はワインバルとして営業、また、多彩なイベントも企画して、島内外から人を呼び寄せる。


いつでもニギヤカなこの“家”を、あなたも訪れてみない?

スパイスや野菜が体にじんわり染みる「シミールカレー」800円。数量限定。

レトロかわいい意匠があちこちに残る店内。

大きなテーブルをみんなで囲んで。


土日祝限定! なめろう丼

|きつねのぼたん|

目当てにすべきは、「シマアジのなめろう丼」。


週末限定ながらSNS等で評判が広まり、今や店の名物に。


それもそのはず、ここのなめろうは“ぶつ切り”で、歯応えのよい身がてんこ盛り!なのだ。


「かむほどに甘さが増すんですよ」と、店主の加島誠也さん。


妻・愛さんの地元であるこの島で店を開き、平日は「島の人のために」とパスタや唐揚げ定食といった毎日でも飽きない王道ランチを用意する。


観光客だけでなく、島民からも愛される食事処だ。

シマアジのなめろう丼定食1,300円~は、土・日・祝限定(平日は前日の昼までに要予約、2人前~)。

「この店をきっかけに参道を活性化したい」と語る加島夫妻。

大山祇神社の参道の端に建つ。

夜には立ち並ぶ石灯籠に灯がともる。



Data

大三島みんなの家

愛媛県今治市大三島町宮浦5562

電話番号:0897-72-9308

営業時間:11:00~16:00、18:00~22:00

定休日:月

駐車場:3台


きつねのぼたん

愛媛県今治市大三島町宮浦5512

電話番号:0897-82-0120

営業時間:11:00~売り切れ次第終了、18:00~23:00

定休日:木、その他不定休

駐車場:4台

ウインク福山/備後版 7月号掲載

0コメント

  • 1000 / 1000